まさしの教えて!弁護士ABCダイアリー

2018年03月20日

司法試験に関しての基本的な情報

司法試験に関しては、裁判官それから検察官もしくは弁護士となろうとする者に対して、欠かすことができない学識、応用力を備えているか否かを確認するために行われます。法科大学院課程の修了者並びに司法試験予備試験の合格者を対象として実行されます。

後者に関しましては、法科大学院を介さない人にも法曹資格を手にする途を開くことを果たす為に整えられるもので、これにパスした者も、法科大学院修了者と同じ資格で受験することができます。一般社会の急速的なインターナショナル化、あるいは社会的な事象の多様化につれ、新しい事業拡大であるとか、それに付随する社会的な問題やトラブルが増加傾向にあります。

その結果法に基づいた紛争の予防やトラブル解決のスペシャリストとして法曹三者に対しての需要はなお一層高まっており、一般社会の色々なシチュエーションでの活躍が望まれています。合格した後は、最高裁判所の司法研修所においての司法修習の後、修習の最終テストにパスする結果を出すと、裁判官や、検察官、さらに弁護士となる資格を手にできることになっています。

その後に、裁判官や検察官そして弁護士のそれぞれのフィールドで存在感を発揮することになります。

Archive List