まさしの教えて!弁護士ABCダイアリー

2019年09月06日

弁護士の試験に合格した後の話はどうか

一昔前は、弁護士が非常に難しくなかなかなれるものではありませんでした。平成の初期頃の司法試験の合格倍率を見ていくと、3%に届いていません。つまり、1000人が受験した場合でも30人も受からないことを意味しています。このように、非常に激しい競争倍率だった弁護士ですが、次第にその倍率は厳しさがなくなってきました。とは言え、それでもまだ合格するのは難しいため、十分な勉強に取り組まなければいけません。では、無事に合格した後はどうでしょうか。

Archive List