まさしの教えて!弁護士ABCダイアリー

2017年06月23日

遺産相続でトラブルを抱えたときの救世主

遺産相続は法律的知識や手続きに関する知識などが必要になる非常にややこしい問題です。話し合いで円満解決できれば何の問題もありませんが、遺産に不動産があったり、価値がある動産などがあるとほとんどの場合容易にまとまりません。そこで解決への道筋を作ってくれるのが弁護士です。近年では、相談内容の中でも遺産相続が利用者多数となっています。そこでここでは、相談するメリットをご案内いたします。効率良く迅速な解決をすることができる親族間でもめているときは、平行線のままでなかなか折り合いをつけることができません。

2017年06月21日

誰かに聞いて欲しいけれど、料金の不安がある方へ

法律の専門家と言えば、弁護士です。何か困った事態が起きたときには、話を聞き、適切なアドバイスをして欲しいと願うこともあるでしょう。とはいえ、一般庶民にとって気になるのが費用についてです。なるべく費用を抑えるためのコツを紹介します。まずは無料相談を探してみましょう料金について不安があるときには、まず無料で法律相談ができる窓口を探してみるのがお勧めです。法律に関する不安を受け付けてくれる窓口は、意外と多く設置されています。

2017年06月20日

弁護士にトラブルを解決してもらう際の費用相場

もしも想定外のトラブルに見舞われてしまったらあなたは一体どうしますか。まず身内や知人に相談すると思います。しかし世の中には知人の力を借りても解決できない問題が沢山あります。おまけにそれが刑事事件には至らないレベルのものであれば、警察は腰をあげてくれる事はほとんどないでしょう。そんな時に頼りになるのが弁護士という存在です。トラブルの仲裁にはいり問題を解決してくれる仕事よくテレビで、裁判などに弁護人が付き添っている光景を見た事があると思います。

2017年06月18日

借金問題に悩んでいる人は、債務整理がお勧めです

現代はインターネットで、カードローンやキャッシングが利用できますが、利便性の高さから、借りすぎてしまった経験のある人が増えています。借金問題で悩んでいる人は、法律事務所の弁護士に依頼して、債務整理の手続きをしましょう。借金問題で悩んでいる人は、まずは相談しよう現代は店頭に足を運ばなくても、パソコンやスマートフォンなどのインターネットの接続環境があると、カードローンやキャッシングが利用できるので、お財布がピンチの時は利便性が高くなっています。

2017年06月15日

個人事務所を立ち上げて弁護士になるには

人は時に人同士でトラブルを起こしてしまう時があります。小さなものから大きなものまで内容は様々ですが、中には一人では絶対に解決できない複雑な問題に頭を悩ませている方が多くいます。そんな民事トラブルの仲裁にはいり手助けをしてくれるものこそ、弁護士です。難題な試験を合格できた人しかなれない貴重な仕事弁護士になるのに学歴は関係ありません。大学どころか高校にでていない人でも目指せばなれますが、司法試験に合格した方でなければ職につく事はできない大変貴重なお仕事です。

2017年06月11日

離婚後、トラブルに遭わないために

結婚と離婚はコインの表と裏のようなモノです。結婚してずっと添い遂げるカップルもいればいずれ、離婚してしまうカップルもいます。しかし、すんなり離婚できる場合とできない場合がありそんな時に第三者へ相談をするのでしょう。離婚問題を円満に解決するために離婚する時、起こるトラブルの中で一番なのは、相手が離婚を承諾しないことでしょう。理由はいろいろとあります。それでも離婚したい場合は第三者の仲介が必要になります。

2017年06月07日

弁護士に債務整理を依頼する場合

弁護士に債務処理の依頼を検討する方が増えています。給与の減少や生活状況により、自分でも知らずに借入が増え、返済不能の状態に陥ってしまう方が増えています。法律事務所に依頼し、債務の整理を実施していくことで、債務の減少や消失を行うことが出来るようになります。債務の返済に悩まず、先の生活設計に悩んでいくことが大切です。債務整理を行い生活の改善を実施生活状況や不況による収入減少により、自分でも気がつかないうちに債務の返済が不能になってしまう場合も多いものです。

2017年06月03日

法的紛争を専門知識をもって解決する方法

一般市民が法律問題に関わることはそれほど多くありません。しかし、一旦法的紛争に巻き込まれた場合、法律に対する知識に乏しい一般市民が独力で対応することには難しい面があります。そこで、一般的には、弁護士などの法律の専門家に依頼することになります。一般市民の法律に対する認識と関わり方日常生活における様々な行動は、いろいろな法律に基づいて行われています。例えば、マイホームを購入するような場合、土地の売買契約を締結したり、建物の建築請負契約を締結したり、住宅ローンを借り入れますので、貸金契約を締結したりします。

Archive List