まさしの教えて!弁護士ABCダイアリー

2019年11月15日

弁護士の秘書として働く様々なメリット

多くの人が弁護士の秘書として仕事をしており、納得できる結果を得る事ができています。秘書のイメージとして女性が強いかもしれませんが男性でも全然問題はありません。実際男性で、働いている人もたくさんいるため、一つの働き方として確立されています。そんな弁護士の秘書として働くメリットとして、まずは高い給料に定められていることが多いです。事務所などによって異なってくるのですがかなり高い給料に設定されていて、経済的な余裕が発生するようにしている場合もあります。

2019年10月08日

相続関係の問題は弁護士に任せましょう

遺言状、もしくは遺産相続等といったいろいろな分野において精通している弁護士の先生であれば、相続の問題を一挙に解決してくれます。今実際にそのような問題を抱えている人たちは、とりあえず優秀で信頼できる弁護士が堆積していると言うことで有名な、法律事務所を探すようにしておきましょう。法律事務所の評判に関しては、様々なコンテンツを利用することによって簡単にチェックすることができます。例えば、特定の雑誌などからも調べることができるので、興味がある人はぜひとも見逃さないようにしておきたいところです。

2019年09月06日

弁護士の試験に合格した後の話はどうか

一昔前は、弁護士が非常に難しくなかなかなれるものではありませんでした。平成の初期頃の司法試験の合格倍率を見ていくと、3%に届いていません。つまり、1000人が受験した場合でも30人も受からないことを意味しています。このように、非常に激しい競争倍率だった弁護士ですが、次第にその倍率は厳しさがなくなってきました。とは言え、それでもまだ合格するのは難しいため、十分な勉強に取り組まなければいけません。では、無事に合格した後はどうでしょうか。

2019年08月20日

適した弁護士を選ぶポイントとは

法に関するトラブルに巻き込まれることは、自分には無縁だと考えている人が多いですが、借金問題や離婚トラブル、交通事故など身近に潜んでいるトラブルは数多く存在しており、誰がいつどのタイミングで弁護士を利用することになるかはわかりません。いざ依頼するシーンがやってきた時には、何を基準に選んだら良いのか、選び方で悩むのではないでしょうか。現在日本には数多くの弁護士事務所がありますが、それぞれ異なる点は多々あり、一つとして同じということはないのでよく比較してから判断するようにしましょう。

2019年07月02日

弁護士への委任状の送付などの手続き

弁護士に対して、委任状の送付を行う手続きは、比較的スムーズに進められることが多いのではないかと考えられています。委任手続きを行うための書類は、必要に応じて弁護人のもとに送られる仕組みとなりますが、発行や送付に関しては、短期間で完了することが意識されています。裁判や訴訟などでは、特に短期間での委任の手続きを図る必要があります。そのため、円滑にこうしたやり取りのできる状態を作ることが、多くの事務所などに対してもと求められています。

Archive List

リンク

法律的に複雑で素人ではなかなか難しいのが遺産相続です。色々と頭を悩ます前にまずは相談してみましょう。実績も豊富で安心して任せることができる「法律事務所オーセンス」は無料で相談できるので是非利用してみましょう。
> 試しに見る