まさしの教えて!弁護士ABCダイアリー

2019年09月06日

弁護士の試験に合格した後の話はどうか

一昔前は、弁護士が非常に難しくなかなかなれるものではありませんでした。平成の初期頃の司法試験の合格倍率を見ていくと、3%に届いていません。つまり、1000人が受験した場合でも30人も受からないことを意味しています。このように、非常に激しい競争倍率だった弁護士ですが、次第にその倍率は厳しさがなくなってきました。とは言え、それでもまだ合格するのは難しいため、十分な勉強に取り組まなければいけません。では、無事に合格した後はどうでしょうか。

2019年08月20日

適した弁護士を選ぶポイントとは

法に関するトラブルに巻き込まれることは、自分には無縁だと考えている人が多いですが、借金問題や離婚トラブル、交通事故など身近に潜んでいるトラブルは数多く存在しており、誰がいつどのタイミングで弁護士を利用することになるかはわかりません。いざ依頼するシーンがやってきた時には、何を基準に選んだら良いのか、選び方で悩むのではないでしょうか。現在日本には数多くの弁護士事務所がありますが、それぞれ異なる点は多々あり、一つとして同じということはないのでよく比較してから判断するようにしましょう。

2019年07月02日

弁護士への委任状の送付などの手続き

弁護士に対して、委任状の送付を行う手続きは、比較的スムーズに進められることが多いのではないかと考えられています。委任手続きを行うための書類は、必要に応じて弁護人のもとに送られる仕組みとなりますが、発行や送付に関しては、短期間で完了することが意識されています。裁判や訴訟などでは、特に短期間での委任の手続きを図る必要があります。そのため、円滑にこうしたやり取りのできる状態を作ることが、多くの事務所などに対してもと求められています。

2019年06月13日

弁護士を選ぶポイントと得意な分野

何らかの悩みが生じた時には、弁護士への相談が検討される事もあります。例えば金融会社に対する返済で困ってしまい、その法律の専門家に相談している方も少なくありません。そうかと思えば、車に関するトラブルもあります。お金に関する交渉を代行してもらう為に、専門家に相談している方も多いです。ところでその士業の方々には、それぞれ得意分野があります。どのジャンルが得意なのか、ある程度慎重に選ぶ方が良いでしょう。その法律の専門家の仕事内容は多彩で、離婚問題や借金や車関係のトラブルなど、それこそ色々あります。

2019年05月13日

委任状の役割に関してはよく知っておいた方が良い

借金をしてしまい弁済することが出来なくなってしまった場合には任意整理をすると言う方法がありますが、この手続きは複雑なので何をすれば良いか分からず困ってしまうことがあります。よく分からずに素人が手続きを進めて後で間違いに気づいた時には厄介なことになってしまうこともあるので、多くの人はこの道の専門家である弁護士に手続きの依頼をしています。この時に重要になるのが委任状と受任通知書で、これがあることにより弁護士は任意整理手続きを行ってくれるのでとても助かりますし方法を間違えてしまい困ってしまうと言う事態を防ぐことができます。

Archive List

リンク

法律的に複雑で素人ではなかなか難しいのが遺産相続です。色々と頭を悩ます前にまずは相談してみましょう。実績も豊富で安心して任せることができる「法律事務所オーセンス」は無料で相談できるので是非利用してみましょう。
> 試しに見る